カジュアルな形式

リーフレットという形式のカジュアルなパンフレット制作

より幅広いターゲット層へ特定の情報を伝える事を目的とした場合には、ページ数の多いパンフレットを制作するよりも、折りたたみ式のフライヤーやリーフレットなどのフォーマットが適している場合が多く見受けられます。一般的なパンフレット制作はページ数も多くなり、より多くの情報を掲載できるというメリットが挙げられますが、一般の消費者には必要ない過度な情報も盛り込むケースもあり、過剰な情報量ゆえに、上手くその商品の特性や雰囲気を伝えるという目的を達成できないケースもあるのです。
そのため、より馴染みやすく、コンセプトが明確に打ち出されているリーフレットなどの形式が活用される場合が多くなります。

この形式のパンフレットをデザインする上で重要なのが、不特定多数の消費者に情報を配信するという広告としての役割です。カタログなどの媒体とは異なりリーフレットの場合は、情報量を多く詰め込むパンフレットの制作形式とは大きく異なり、より馴染みやすい情報を掲載する事が必要とされ、そのフォーマットも折り方などを工夫して、一枚の紙を使用するケースが基本です。

この折りたたむという形式によって、カジュアルな雰囲気を醸し出す事もでき、コンパクトな形状でも役立つ情報を詰め込むことができます。このことから、数ページ程度の情報量ならば、折りたたむ事で一枚刷りのリーフレットを活用することができ、カタログなどの数十ページにおよぶものを適用しなくても、リーフレットを活用する事で、その商品やサービスを説明するという目的を達成する事が可能です。

そして、そのほかのフォーマットとしては、広告に活用する場合には、ポストカードやチラシなどの簡易的なものもあり、広告媒体として情報量を多く詰め込むことには不向きですが、より多くの方に情報を配信する際には適しているケースも見受けられます。

このようにパンフレットの役割を担う媒体には複数の種類があり、その用途やコストの掛け方の違いによって使い分ける事が大切です。とりわけ、不特定多数の購買層に情報を配信する際には、カタログなどの形式よりも、簡易的な広告媒体である事が重要で、デザインなどに趣向を凝らして、その商品やサービスのイメージを強く打ち出す事が求められます。
それゆえに、この簡易的なパンフレットの形式は、より日常的なサービスやプロダクトの説明には適しており、顧客層を広げる意味でも活用できるものです。