コツと流れ

海外旅行のパンフレット制作のコツと流れ

旅行代理店に並ぶようなパンフレットは、お客さんに魅力をその場所の魅力を伝える上で非常に重要な存在です。しかしその重要性が高いあまり、時にはパンフレットが原因で観光客が全く集まらない状況もあり得るのです。人を集めるようなパンフレットを制作するにはどのような点を気をつけるべきでしょうか。まず最も大切な要素はアイキャッチ文です。「オーストラリア一週間の旅」や「イタリア20万円で名所巡り」などのことです。アイキャッチ文はその旅行の象徴ともいえるもので、観光客にその場所へ行きたいという気持ちを刺激する要素となります。アイキャッチ文に含める内容として効果的なものが日数や価格を含めるということです。具体的な情報を含めることで、お客さんはその場所へ行くことの明確なイメージを持つことができます。またパンフレットのデザインを考えることも制作段階では重要です。

たとえばエジプトやスペインだったら赤い色を思い浮かべるように、その土地にはそれぞれのイメージというものが必ず存在します。そのイメージにピッタリあっているデザインにすることで、お客さんをより惹きつけることに繋がるのです。またその国の伝統文化や伝統食を中心に展開していくことも効果があります。その国によって最もアピールしたい部分を中心に展開していくのです。

またパンフレットのメリットとして、一番大切な部分として持ち運びが手軽にできるということがあります。無料であり、行き先も決まっていないような人でも気軽に持ち帰ることができます。そういう利点があるので、あまり分厚いパンフレットというのは好まれません。情報を充実させることの大切ですが、それではパンフレットの持つ手軽さという魅力を損なってしまいます。制作段階ではその点を忘れないようにしたいものです。またお客さんが持ち帰りやすいように、目立つ場所においておくことで、旅行先により興味を持ってくれる人が増えることでしょう。

このようにパンフレットは旅行先を決める上で重要な要素であり、現地での行動を決める大きな指針となってきます。またパソコン上では知ることのできなかった独自の情報が掲載されていることもあるのです。また行き先が明確に決まっている場合でも、補足的な意味でパンフレットを利用する人も多いです。この点からパンフレットはある意味ではガイドブックのような使い方をすることもできるのです。旅行をする上で、非常に重要な情報源です。